2017/1/16放送の主治医が見つかる診療所では、お腹やせる5秒エクササイズが紹介されましたが、ダイエットに最適です。メタボリックの新基準も反響が大きく「主治医が見つかる診療所」お腹やせる5秒エクササイズ!で簡単ダイエットしおちゃいましょう




主治医が見つかる診療所!へそ周りが○○の半分を越えたらアウト!

こちらのコーナーでは衝撃のデータ―が示されました。

へそ周りのサイズが身長の半分を越えると、脳梗塞や心筋梗塞のリスクがアップするというのです。

メタボリックの新基準

これまでは男性は腹囲85cm以上、女性は90cm以上になって初めてメタボリックシンドロームと認定されていたのですが、これってやはり身長の高いかたや低い方によって差がでてくるのは当然ですから

今では身長の半分の長さよりも、おへそ周りが長いと心筋梗塞などの危険性があり、メタボと判定されるようになりました。

一見、まったく太っていなくってふつーの体型の人でも、へそ周りが身長の半分を越えていたりしていましたね。かなり新基準のメタボリックの基準は、へそ周りのサイズが身長の半分を越えていたら

「メタボ」

の危険があるのです!

柴田さんも「アウト」でしたね。3.5センチオーバーでした><

そして驚くことに、会場のゲストではつるのさん以外は全員アウトで、これも衝撃的で大多数の人がメタボの危険があると自覚した方がよさそうですね。




主治医が見つかる診療所!お腹やせる5秒エクササイズ

1日5秒のエクササイズ、このダイエットエクササイズにおかずくらぶのゆいPとオカリナさんが挑戦しました。

おかずくらぶのゆいPとオカリナさんはそれぞれ、お腹周りを引き締めるエクササイズと二の腕を引き締めるエクササイズをおかずくらぶのゆいPとオカリナさん教えてもらいました。

おなかみんな苦もなくやせた! おなか5秒しぼり体型若返りダイエット (わかさ夢MOOK)

おかずクラブの2人が1時間、このエクササイズを体験しました。

その結果、腹筋(お腹引き締め)でウエストが2cm細くなったりしました。また二の腕(ひねり)もかなり引き締まったようでした。

このエクササイズは簡単で5秒さえあればいいので、いつでもどこでも実践できるのがいいですね。

5秒お腹引き締めエクササイズ

1.手をグーにして、頭の後ろにあてる

2.頭の後ろにその両手のグーを持ってきて

3.首の根元に小指を当てて、肘が高い位置に上げ、その結果お腹の筋肉が伸びていることを確認する

③片足を一歩前にだし踏み込むように意識して、ゆっくり息を吐きながら5秒かけて上体を倒します。ら5秒かけてゆっくり上体を倒すのがコツです。

また、上体を倒すときに腹筋に力を入れることが大切で、> お腹に置いた缶をつぶすイメージをしっかり意識すると一層効果が大きくなります。

テレビでは「脳をだます」と表現していましたが、脳にしっかりとイメージさせるのが大切です。

「缶を潰すイメージ」

このように意識することでより効果的なエクササイズができます。




二の腕ひねり、5秒エクササイズ

1.両腕を背中に回し、伸ばした腕をもう片方の腕で軽くつかみます(つかむ方の腕はガイドなのでつかめないなら片腕でOKです)

2.伸ばす方の腕は力いっぱい下に押し込むように、まっすぐ下にギューっと伸ばしていきます。

*腕を伸ばすときの角度はやや後ろに向けて伸ばします。

3.伸ばした腕は、力いっぱい下に押し込み、手首をひねります。

伸ばした腕は、力いっぱい下に押し込み、手首をひねるイメージをしてひねります。

番組では「脳をだます」と言っていますが、脳にイメージをさせることが大切です。ここでは捻る方の手首をグレープフルーツを持っているイメージで搾り器に押し付けて搾るイメージです。