2017/5/8主治医が見つかる診療所は認知症SP。たった3分で認知症とアルツハイマーを判定!?腰掛タップダンスでインナーマッスル強化若返り。主治医が見つかる診療所は腰掛タップダンスで若返りや認知症予防レシピなど、最新の脳育法を紹介します。




認知症と物忘れ

だれでも多少は年齢を重ねるともの覚えは悪くなるものです。このようおな「物忘れ」な脳の老化によるもので病気ではありません。

しかし認知症は「物忘れ」とは違い、なんらかの病気で脳の神経細胞が壊れるために起こる症状や状態のことをいいます。




認知症と物忘れのちがい

年齢を重ねると、脳の老化によって誰もが物忘れをしやすくなります。ですので物忘れと認知症との区別がわかりにくいのですね、どうちがうのでしょうか?

そもそも単なる物忘れは、脳の生理的な老化によって起こりますが、認知症は脳の神経細胞が変性したり脱落することで起こります。


特徴としては、単なる物忘れの場合は体験したことの一部分を忘れますが、認知症の場合は体験したこと自体を忘れてしまってヒントがあっても思いだすことができません。

さらに判断力においても、物忘れの場合は低下が認められませんが認知症になると低下してしまいます。

ですので、物忘れでは日常生活の支障はありませんが、認知症になると支障をきたしてしまいます。

三大認知症

認知症にはいくつかタイプがあります。認知症の半数がアルツハイマー型認知症、そしてレビー小体型認知症、血管性認知症と続きます。




3分で認知症を「物忘れ相談プログラム」で判定!

エクサドンで認知症予防

エクサドンとは、認知症予防に効果がある太鼓を使ったエクササイズ&脳育

身体を動かして行う健康法で、
「エクササイズ」と、そこに太鼓の音である「ドン!」が加わって、

「EXADON(エクサドン)」

また、太鼓を叩きながら、計算などの「2重タスク」をすることで認知症予防効果が大きいようです。

以前、健康番組や新聞でも取り上げられ、「みんなの家庭の医学」でも紹介されていました。

ダーツで認知症予防


ダーツゲームは引き算による得点計算となっているので「短期記憶力」の向上に効果があります。

*ダーツは持ち点から獲得した点を引き、0にしたら勝ちというゲームです。

腰掛タップダンスで若返り


腰掛タップダンスはウォーキング以上効果が高い全身運動です。もも上げ運動がとても有効ですし、足を打ちつけることで骨が丈夫になる効果もあります。

ちょうど番組で紹介されていた、腰掛タップダンスの動画がありました。




物忘れが気になる人のサプリメント

佐藤のEPA&DHA



佐藤のEPA&DHAの特徴
美健知箋EPA&DHAは、ユンケルでおなじみの佐藤製薬のサプリメント。特許技術によりEPA・DHAを750mgもの高濃度配合を実現。継ぎ目のないシームレスカプセルで仕上げ、アルミパックで包装されているため、飲む直前まで酸化を防ぐことができます。定期便なら初回限定1000円。初月だけで解約も可能ですので、気軽に製薬会社品質のサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

リファブレン



リファブレンの特徴
リファブレンは、考える毎日をサポートする、飲みやすいソフトカプセルタイプのサプリメントです。思考のエネルギー源となるココナッツオイル、健康ポリフェノール成分のイチョウ葉・フェルラ酸、サラサラ成分のDHA、ヒハツエキスの5つの成分が、「考える力」にアプローチしてくれます。
定期購入なら初回半額。物忘れがひどいとお悩みの方に、ぜひおすすめしたいサプリメントです。





主治医が見つかる診療所SP キャスト

【司会】草野仁、東野幸治
【アシスタント】森本智子アナウンサー
【ゲスト】東貴博、篠原ともえ、林マヤ、藤吉久美子、松木安太郎、渡辺正行※五十音順
【番組主治医】秋津壽男(循環器内科)、上山博康(脳神経外科)、丁宗鐵(漢方)、中山久徳(内科・リウマチ科)、南雲吉則(乳腺外科・形成外科)、姫野友美(心療内科)