2017/3/6放送の主治医が見つかる診療所!は毛細血管改善SP。血管の状態をチェック・血管をケアして若返る方法。顔のシミやシワを予防・改善する血管のケア方法を主治医が見つかる診療所!が紹介します。主治医が見つかる診療所!で10歳若返る!

毛細血管とは?

毛細血管は全身の血管の99%を占め、酸素と栄養を体のすみずみまで送り届ける大切な働きをもっています。

毛細血管は細胞一つ一つが数珠つなぎのように連なってできており、それを「壁細胞」が外側から補強し、血管の構造を保っています。

また、人は血管から老化するといわれます。また、いつまでも若々しい人は、血管年齢でも若いことがわかっています。

しかし、何らかの原因で壁細胞がはがれてしまうと、血管の構造が弱まり、細胞同士の接着がゆるんでしまい、壁細胞が壊れた部分から多くもれて、壊れた部分の先にいきわたらなくなることで、「ゴースト化」してしまう

毛細血管の劣化・ゴースト化

実は毛細血管は、年齢と共に減ってゆくことがわかっています。毛細血管は年齢と共に減っていく”ということです。60~70代の人は20代に比べて、毛細血管が4割も減少していました。

毛細血管が減少すると、十分な酸素や栄養が届かなくなり、肌だけではなく、肺や肝臓などの臓器、そして脳にまで影響して、肝臓病や認知症など、様々な症状の引き金になると考えられています。

皮膚に酸素や栄養が届かなければ、シミ・シワなどお肌のトラブルの一因になります。また、肝臓や肺など、臓器の毛細血管が減れば、様々な機能低下や病気が起こる可能性もあります。

主治医が見つかる診療所!毛細血管ケアで10歳若返り!(3/6)

血管のゴースト化は 瘀血がサイン!

血管のゴースト化はシミ・シワ・たるみの原因ともなりますが、そのサインは瘀血の状態であるかどうかになります。

オケツかどうかを判断する基準は?

舌の裏に黒い静脈が見えたら瘀血の可能性が大きい

番組で調査したところ、17名中10名がオケツでした。中には20代の女性もおけつと判断されていたので、若いから大丈夫とは言い切れないようでした。

瘀血の状態だと老廃物を除去する力が弱くなるので改善する必要があります。

毛細血管には外側と内側から元気にする方法がある

外側から毛細血管を元気にする方法
瘀血かどうかがキーポイントになります
瘀血を解消するためには

耳と足の裏のマッサージが有効です。

耳のマッサージ

耳:ねじるように耳をはさんでよくもみます。
これによって薄毛や白髪にも効果があります

片方の耳で2~3分を1日1回

足の裏のマッサージ

1.脚の指先を揉みほぐす(爪の際までしっかり揉みほぐす)

2.だんだん脚の上に表面を摩るようにマッサージする

3.2.を今度はしっかりと押しながらマッサージする

毛細血管を元気にしてくれる食べ物

毛細血管を元気にしてくれる「ルイボスティー」

ズバリ、ルイボスティーです!
ルイボスティーは、紫外線の多い地方で栽培されているため、非常に抗酸化作用が強いのです。そのため、老化を予防するアンチエイジングにとても効果的です、。
また、ミネラルが豊富ですから、新陳代謝が活発になり血流が改善されて毛細血管も元気になり、若返りの効果が期待できます。

ロイヤルTルイボスティー 有機ルイボス茶 160パック 400g (40パック 100gx4箱)

毛細血管を元気にしてくれる「ルイボスティー」

内側から元気にする「きな粉」はとても栄養価の高くて血管を強くしてくれる食品です。女性に必要なカリウムをスプーン3杯で摂取できるのですから、毎日の食生活に是非取り入れたいですね。

「きな粉」ちょい足しレシピ

・みそ汁に「きな粉」ちょい足し
少し塩分を控えめにして、きな粉を足します。とてもこくがでておいしいです。

・ご飯に「きな粉」ちょい足し

ご飯を炊く時に入れます。おいしくいただけます。

・パンケーキに「きな粉」ちょい足し

フツーにおいしいです。

・唐揚げに「きな粉」ちょい足し

片栗粉だけよりも一層おいしいので、おススメです!

主治医が見つかる診療所!出演者

【MC】     草野仁、東野幸治

【アシスタント】森本智子(テレビ東京アナウンサー)

【ゲスト】 いとうあさこ、大桃美代子、坂下千里子

【医師】 秋津壽男(循環器内科)、上山博康(脳神経外科)、丁宗鐵(漢方)、中山久德(内科・リウマチ科)、南雲吉則(乳腺外科・形成外科)、姫野友美(心療内科)※五十音順
【ゲスト医師】赤澤純代(循環器内科・漢方)

主治医が見つかる診療所!毛細血管ケア!ネットの反応

主治医が見つかる診療所で、血管がテーマ。むくみを改善して動脈硬化を予防。1日にスプーン3杯のきな粉が効果あるとは知らなかった。血管年齢も改善できるだろうか

わたし瘀血だ。 ルイボスティー飲んで、足と耳揉まなくちゃ

ルイボスティーには、毛細血管のTie2(タイツー)を活性化し、抗酸化作用があり、ミネラルも多い。血管を内部から強くする。らしい。 (主治医が見つかる診療所) さぁ、明日はルイボスティーが売れるな。

備忘録:大さじ3きな粉=カリウム1日分 味噌汁作る時に味噌を半分にしてきな粉をちょい足し。

ほぼ毎日ルイボスティー飲んでるしリンパマッサージもしてる。してないことと言えば耳マッサージくらい。だけど、舌の裏の静脈真っ黒…

ルイボスティーは妊娠してから飲み続けてるからTie2はばっちりやな!でも明日売り場から無くなったら泣ける

毛細血管のチェック法

 

加齢とともに減ってしまう毛細血管、お化けのようになくなったかのような毛細血管をゴースト血管といいます。

ゴースト血管のチェック法

5つの質問に何個あてはまりますか?

1)白髪が急に増えた

2)目が疲れやすい

3)目の下にクマができやすくなった

4)体がむくむみやすくなった

5)熟睡しても翌朝疲れが取れにくくなった

1つでも当てはまればゴースト血管の可能性があることになります。

ゴースト血管の体への影響

毛細血管がゴースト化したら、栄養や酸素が不足がちになるので、体の冷え・シミ・シワ・肩こり・薄毛・白髪を引き起こしがちになります。

毛細血管がゴースト血管になる原因

毛細血管の壁細胞が壊れてしまった症状として表れるのが「むくみ」です。その主が原因と考えられるのが

1)運動不足

全く運動しなくなると下肢に血流を必要としなくなります

2)太りすぎ

太ると余分な脂肪に血液が回ってしまい、毛細血管まで血液が届かなくなります。

3)食べすぎ

脂肪に血液が回ってしまい、毛細血管まで血液が届かなくなります。

毛細血管を増やすには?

毛細血管を増やすには、運動による方法と食物による方法があります

運動・入浴によって毛細血管を増やす

その場スキップ

ポイントは、第2の心臓と言われる『ふくらはぎ』のポンプ機能。スキップすることでふくらはぎのポンプ機能を強め、足の下の方から血液を戻す力を高める効果が期待出来ます。

その場スキップ方法

両手と両足をしっかりと上げるスキップを20回、それを朝・昼・晩の3回するだけ。特に午後や夕方は血液が下の方にたまりがちですから、午後にもしっかり『その場スキップ』をして『ふくらはぎ』のポンプ機能を回復させましょう。

インターバル速歩

早歩き+ゆっくり歩きを3分ごとに繰り返すインターバル速歩を行なうと、血流が27%アップしたそうです。

入浴

快適な温度(41℃程度)のお湯に、5~10分程度肩まで浸かるようにすること

※水分補給を忘れずに!

この方法で血流が8%アップするそうです。

毛細血管を改善する食物

・ヒハツ(長こしょう)

壁細胞をはがれにくくする食べものです。壁細胞がしっかりと毛細血管に密着していれば、血管が守られてシワを予防することができるのです。

シナモン・ルイボスティー、ギャバ・キンカン

ヒハツと同じ様な働きをすると考えたれています。シナモンは血流を改善する作用があることで、漢方薬でも『ケイヒ』として、古くから血流UPの効果が言われてきました。

シナモンはコーヒーや紅茶に入れる習慣にすればよさそうですね。

このような食物は毎日摂取することで効果が発揮してきますので、習慣的に摂取するようにしましょう!

※シナモンの健康効果についてはまだ研究段階です。
※とりすぎにはご注意ください