2017/5/15主治医が見つかる診療所は 腸内フローラ改善で若返るSP。“エクオール菌”が美肌効果&便秘&がんまで予防する菌です。“エクオール菌”を増やす食材は寒天です。寒天を摂って“エクオール菌”増やし腸内フローラを整えましょう!




「腸内フローラ」とは?

腸内フローラって最近よく話題になっていますね。

「腸内フローラ」とは何なのでしょうか?

まず、腸という器官はお腹の調子や消化吸収だけに関わっているのではありません。免疫やホルモンの分泌、美肌、日々の調子など心身すべてに関わっています。

腸の中には目に見えない程の無数の生き物(微生物)が存在していて、その数は実に100兆匹以上とも言われています。

腸内にはさまざまな種類の細菌が生息していて、これら腸内細菌が腸の中で広がっている様子が花畑(英語でflora:フローラ)のように見えるため「腸内フローラ」と呼ばれているのです。

腸内フローラ注目されている理由

腸内環境が、がん、動脈硬化、糖尿病、アレルギー、そして太りやすさや老化のしやすさまでにも関係しているということがわかり、腸内環境というものがいかに健康を左右する上で重要なものかということが、ここ数年でようやくわかってきて、今にわかに注目を集めているという事なんですね。

腸内フローラのバランスを改善して美と健康を維持するようにしましょう。

腸内フローラの改善で美肌に!

 

今回番組が注目したのが「エクオール産生菌」。エクオール菌が腸内フローラの改善の要だったのです。

「エクオール産生菌」は、別名で「若返り菌」と呼ばれています。

これは、肌がきれいになるという美肌効果が期待できるうえ、乳がんや前立腺がんにも抑制的に働いてくれることが期待できるという非常に魅力的な腸内細菌。

このエクオール産生菌は、大豆イソフラボンを分解し、エクオールという物質を作り出す細菌です。

エクオール菌が若返り菌だった!!!

大豆イソフラボンが腸内細菌によって代謝されて産生される成分エクオール。
女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」によく似た働きをするものとして知られています。 このエクオールに関しての様々な疑問・質問を管理栄養士で株式会社エビータの代表取締役である浅野まみこさんが分かりやすく解説いたします。

最強の食材は寒天!

若返り菌(エクオール産生菌)は寒天で補い腸内フローラを改善できるのです!

若返り菌を増やし方として有効なのが、「寒天を食べる」というもの。

寒天は、テングサやオゴノリなどの海藻を煮て溶かしたあとに固めて作ったトコロテンが元とし、これを寒い環境で凍結・乾燥させたものです。


寒天は、凍結と乾燥を繰り返す工程によって、強い吸水力を持つようになるという特徴があります。

腸内フローラを改善するスーパー食材:寒天( ・∇・)腸内細菌の大好物なんだそう。我が細菌たちにはオリゴ糖を必死に与えていたけど、今後は寒天も摂り入れよう(・ω・)

10才若返る?腸内フローラ改善効果のため、これから毎日寒天を接種しなきゃ~

寒天がいいのかぁ。。。 そういや『氷川きよし』さんも学生時代 寒天ダイエットしてたって言ってたな(*_*)

寒天メニューで腸内フローラを改善しよう!

寒天の肉巻き美味しそう。寒天っていろいろ使えるのねー。ちょいちょいしか見てないけど、腸内フ
ローラ、エクオール、寒天、若返り、とな。ふむふむ。
寒天最強!若返り菌・エクオール産生菌の増やし方!腸内フローラを改善して美肌効果・がん予防・骨粗しょう症予防・ダイエット効果を目指す




主治医が見つかる診療所、キャスト




【司会】草野仁、東野幸治 【アシスタント】森本智子(アナウンサー)
【ゲスト】敦士、勝俣州和、沢田亜矢子、湯山玲子
【番組主治医】秋津壽男(循環器内科)、上山博康(脳神経外科)、丁宗鐵(漢方)、中山久徳(内科・リウマチ科)、南雲吉則(乳腺外科・形成外科)、姫野友美(心療内科)、森一博(消化器内科)